【寒さ&結露対策】補助金利用でLow-e複層ガラスのエコ内窓を設置してみた

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+

日に日に空が高くなり、肌に触れる空気もひんやりしてきましたね。今週末、冬の寒さ・結露対策のために、国の補助金を利用して内窓を取り付けてみました。

内窓の断熱・結露防止・防音・紫外線カット効果

私たちの家は、マンションなので気密性は高いですが、アルミサッシのシングルガラスで、冬は寒く結露もひどい状態でした。寒いのが嫌いなので、暖房の熱が逃げて室内の空気を冷やす窓は、なんとかしないと、と思っていました。ガラスの変更は、マンションの規定でできないので、内窓を取り付けることにしたのですが、とてもいい専門業者さんにお願いすることができ、補助金制度を使って性能の高いLow-E複層ガラスの内窓を取り付けられました。

内窓の効果は以下の通りです。

  • 断熱効果
    暖房の熱を逃がしません。一般ガラスに比べて効果は約3倍あるそうです。また、夏も遮熱効果があり、一般ガラスに比べて3倍の効果があるそうです。冷暖房費も減りそうですね!なお、窓自体を変更して高断熱化するより、内窓をつけた方が、窓と内窓の間に空気層ができるので、断熱・防音効果は高いようです。
  • 結露防止効果
    ガラスが外気の影響を受けにくくなるので、結露の発生を抑えられるそうです。北側の寝室など、ひどい状態でしたが、今期結露が発生しないか確認するのが楽しみです(加湿器はあまりたかないほうがいいらしいですが・・・)。
  • 防音効果
    約40dBの騒音カット効果があるようです。外の騒音ばかりでなく、室内で大きな音を出しても外に響きにくくなるので、楽器などを演奏される方や集合住宅にお住まいの方は安心です。
  • 紫外線カット効果
    なにげに嬉しいのが、紫外線カット。お肌の日焼け対策はもちろん、家具の日焼け防止にもつながるので、常にレースカーテンを引かなくても、気になりませんね。ちなみに、紫外線カットによる室内の観葉植物への悪影響はないようです♩

取り付け後の感想としては、「全然違和感ない!」という感じで、狭くなった感じも、暗くなった感じもしませんでした。まだ付けたばかりなのでなんとも言えませんが、音は本当に静かになります。元々静かな住宅街なので、無音になって怖いくらいです。まだそこまで寒くないので実感は少ないですが、北側の部屋が暖かく感じます。

SIIの既築住宅・建築物における高性能建材導入促進事業

一般社団法人環境共創イニシアチブ(sii)が指定している高性能建材を使って省エネ改修(エコリフォーム)をすると、最大1/3の費用(最大150万円)が補助されるというものです。窓の高性能化は、既存の壁などを壊す必要がないので工事が簡単で、手軽に効果が実感できる、という話でしたので、補助金を使うとかなりおトク感があります。

私たちの場合は、専門業者さんに申請代行をしていただき、全窓を高性能化するリフォームで、167,000円支給されることになりました。約50万円の工事で、申請代行費21,500円を除いても、145,000円も割り引かれることになります。高性能(Low-e複層ガラス)は通常のペアガラス内窓に比べて当然高いですが、補助金を使えば、同じ費用ではるかに高い効果が得られるという訳です。

sii既築住宅・建築物における高性能建材導入促進事業支給額

余談ですが、私たちはsii申請者の中で一番若い世帯だったようです。補助金制度利用については、詳しい業者さんと詳しくない業者さんがいらっしゃるので、見極めが必要かもしれません。

公募時期や申請については、条件があるので、オフィシャルホームページからご確認ください。

エコリフォーム時の減税措置

補助金に加え、50万円以上のエコリフォームについては下記の減税措置もあるようです。実際にはまだ申請していませんが、両方合わせて約6万円以上は戻ってくる計算です。

  • 固定資産税減額(省エネ改修促進税制−固定資産税)
    エコリフォームを行なった際に区役所などに申請すると、当該家屋に係る翌年分の固定資産税額(120m2相当分までに限る)を3分の1減額されるという措置です。詳細はこちら
  • 投資型減税(省エネ特定改修工事特別控除制度−所得税)
    確定申告時に申請すると、決められた要件を満たす省エネ改修工事(一般省エネ改修工事)を行った場合、控除対象限度額を上限として、翌年の所得税から10%控除されるという措置です。詳細はこちら

内窓取り付けコスト

Low-E複層ガラス内窓9枚取り付けのざっくりとした概算です。

工事費 約55万
sii補助金支給額 -16万7000円
sii補助金申請代行費 21,500円
エコリフォームによる減税見込み -約6万円      

合計 約34万5000円(適当に数字丸めました)

 

今年はもういろいろ出費が重なったので、海外旅行には行けなくなりますが(涙)冬の家での快適性を高められるなら、満足です!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015 Madame Voyage JP

【寒さ&結露対策】補助金利用でLow-e複層ガラスのエコ内窓を設置してみた” への2件のフィードバック

  1. 平成29年度(2017年度)予算「高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業」の公募情報です。
    https://sii.or.jp/material29/first.html

    その後1年半経ち一冬過ごしましたが、(加湿器をたいても)結露は一度もしませんでした!夏の冷房、冬の暖房の効きも良くなり、満足しています。

コメントを残す