家族でハワイにハマった話~来年の予約もしちゃった編~

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+

Aloha! 子連れハワイ旅行、行って参りました♪家族全員初ハワイだったのですが、のんびり過ごし、みんなハワイの魅力の虜になりました。

人によっては、ハワイは巨大なテーマパークだとか、海外に行った感がないとか、言う方もいらっしゃいます。私もそう思っていたところがあり、今まで行こうとは思いませんでした。でも、子供ができて、育児・仕事と休みない環境に身をおいて、とにかくゆっくりしたい、癒されたいという気持ちがいっぱいで、子連れ旅行初心者に優しそうなハワイを選んだのがきっかけでした。

行ってみて思ったのは、みんな優しくてのんびりしているし、海はきれいだし、治安がいいのでいつでもすぐ行けるし、少し車を走らせれば緑もある。リラックスする休暇にはぴったり!子連れでなくても楽しめると思います。毎年家族旅行で行く気持ちがわかります。今回はオアフ島のみでしたが、ハワイ島など、他の島も気になるところ。

うっかり、2年以内にもう一度ハワイに行くことにしてしまいました(理由は後半で)!

子連れハワイ旅行 基本情報

12月下旬5泊7日。HISで航空券・ホテルセットのものを購入。
ユナイテッド航空利用(指定)。
ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ ホノルルに連泊。
行動範囲はワイキキ周辺。1日だけレンタカー。
全員初ハワイ。1歳半の子供は初飛行機、初海外。
飛行機は、行きが夜便、帰りが昼便。
子供は保育園に行っており、たまに中耳炎になったり、体調管理が大変。

子連れハワイ旅行の旅程と各日のサマリー

1日目 成田空港からTake Off!出発直前に子供が胃腸炎であたふた

出発前々日、保育園を休ませればよかったのですが、出発前日に子供が下痢に!生まれて初めて食欲不振に陥るというピンチ。医者に行くとお腹の風邪とのことで整腸剤を処方され、体調は悪くなさそうだったので、予定通り出発。成田便が安かったので成田にしたが、そもそも遠いし駐車場も遠いし、少し後悔。大型連休でもないのに飛行機が混んでおり、当然子供のスペースはなく定期的に泣く子供を抱え、一睡もできないまま辛い7時間を過ごす。

2日目 ハワイ着。不眠不休のまま朝一からカハラ探索もグロッキー

一睡もできないままワイキキ着。空港からホテルまではHISの送迎があったので良かったが、ホテルで早朝すぎてチェックインできず。気を利かせて部屋のアップグレードをしてくれたけど、そのせいでチェックインは15時。老体には辛い。折角天気も良かったので、ビーチを見つつ、レアレアトロリーに乗って、カハラショッピングセンターへ。実際はトロリーに乗るまでひと悶着あり、疲労がピーク。Wholefoodsで幼児用お菓子を見てみたり。子供下痢でオムツ爆発があり、気分が落ち込み、さらに疲労で食欲なく、夫は子供から胃腸炎をもらい完全廃人と化す。

3日目 子供と夫が胃腸炎でダウン!洗濯したりのんびりホテル探索

とりあえず、ゆっくり朝起きて、洗濯しにホテル内のコインランドリーへ。プールサイドのベンチでまったりしたり、ホテル内のお店でショッピング。思わず親子3人ペアルックのアロハシャツ・ドレスを購入。写真を撮りたくなり、現地でプロの写真家を手配(1時間で$100+チップ)。昼食・夕食は、近所の和食屋「義経」に通ってうどんや茶漬け。ハワイのコンビニABC Storeで朝食や軽食(カップラーメンなど)を買う。

4日目 アラモアナショッピングセンターでNintendo Switchゲット

夫の体調が回復しきらず、とりあえず市街地へ。Walmartで日本で入手が難しくなっているNintendo Switchをゲット。アラモアナショッピングセンターに行くも、フードコートで食べて、Anthropologyを見てお土産を買って退散。ホテルで昼寝。夕方にビーチ散歩。

5日目 レンタカーでハワイ島一周。日立の木~ノースショア~ラニカイ

ようやく子供も夫も回復し、レンタカーでハワイ島一周ドライブ!日本の免許証で運転できるとのことで、張り切って出発。あいにく曇り/雨も、日立の木(モアナルア・ガーデン)~ノースショア、ハレイワをのんびり巡って大満足。「Uncle Bo’s」という人気レストランで、ガーリックシュリンプなどを堪能。ハワイで初めておいしいものを食べた!天国のビーチと称されるラニカイにも行くが、あいにくの雨。リベンジしたい。

6日目 ハナウマ湾バス旅とワイキキビーチで家族写真プロ撮影会

この日は晴天。レアレアトロリーのイーストラインで、ハナウマ湾などを巡るバス旅に参加。ハナウマ湾の美しさに感激。いつかシュノーケリングしたい。バスでのんびり海の景色を堪能したところで、ワイキキビーチで現地プロフォログラファーによる家族写真撮影。おそろいのアロハを着て。人が少なく景色が良いビーチを熟知した方で、フレンドリーで楽しく、とてもいい写真が撮れた。夜は、マリオット内にある「Arancino(アランチーノ)」でディナー。全部おいしかった。

7日目 ハワイ発、成田着。すっかりハワイの虜に。また来るよ!

帰りは、Economy Plusで子供用の席も確保でき、9時間フライトも結構快適に過ごす。しかも4時間近く昼寝してくれた!子連れの場合は、夜便より昼便のほうがいいのかも。万一寝てくれなくても、親の体力が確保できるし。

順次個別記事アップ予定です。

2年以内にまた行きます!マリオット・バケーション・クラブのタイムシェア体験宿泊

今回マリオットに宿泊していましたので、ホテル内で頻繁にバケーション・クラブのタイムシェアの勧誘にあいました。ハワイに行くまでタイムシェアなぞまったく知らなかったのですが、なんと!一家族$200ほどという低価格で4泊の体験宿泊券が売っており、即買ってしまいました。説明会への参加が必須条件ですが、家族3人で泊まってこの価格!ただ、この券、2年以内の宿泊が条件ということで、また2年以内にハワイに行くことになりました。マイルも貯まっているし。

今回、初めてだったので最初の数日は疲れて終わったのですが、今度はもう少しゆっくり楽しみたい。また新たな目標もできたので、仕事ががんばれそうです!

(正直なところ、毎年ハワイに行くようなことはないと思いますので、実際の購入は断ると思います。断る前提で行くのも申し訳ないですが…)

タイムシェアとは?

タイムシェアとは、リゾート物件を1週間単位で所有できる権利のことだそう。

JALの説明がわかりやすかったので、引用させていただきます。

タイムシェアとは、ハワイやラスベガスなど、リゾートのコンドミニアムスタイルやホテルタイプの1室を1週間単位で購入する、リゾート共有システムです。車1台分ほどの価格(200~400万円前後)でお手頃に購入できて、お子様からお孫様まで永代所有いただけます。またタイムシェアは、広々としたリビングルームと寝室、キッチンが備わったお部屋が特徴で、ご家族皆様でバケーションを楽しめます。従来は欧米で人気でしたが、日本でも徐々に人気が広まっています。http://vacation.jalux.com/timeshare/

とはいえ実際は管理費などもあり、パンピー的には冷静に考える必要がありそうです。ハワイのタイムシェアについては、こちらのサイトにメリット・デメリットがよくまとまっていましたので、ご紹介致します。

HAWAII タイムシェアレンタルガイド

マリオット・バケーション・クラブとは?

オアフ島西海岸に位置する町の喧騒から離れた260万平方メートルの広大な敷地を有し、美しい4つのラグーンに囲まれたゲ-ティッドコミュニティー(セキュリティー ゲート付きコミュニティー)、コオリナリゾート内に位置しています。優美なラグーンプール、ジャグジー、ビーチプールなどをお楽しみいただけます。また、徒歩で3分以内に位置するコオリナ・マリーナやJW マリオット・イヒラニ・リゾート&スパの快適な施設もご利用いただけます。ハワイのエレガント且つファーストクラスの雰囲気を味わえる広々とした2ベッドルームまたは3ベッドルームのヴィラ(スィートルーム)は、プライベートバルコニー、独立したリビングとダイニングエリア、本格的なキッチン、全てのドアーがマホガニーの一枚板、そして南国風の高級家具を備えています。
https://www.marriottvacationclub.co.jp/koolina/

子供にも安心して遊ばせられるプライベートビーチや、砂浜つきのプールなどが魅力のようです。確かに、ワイキキビーチは人が多すぎますし、ホームレスもいて、結局気分は乗らず、今回は海には入りませんでした。こちらはロッカーや更衣室などもあるそうで、安心して遊ぶことができそうです。子供もそのころにはもう少し水遊びができるはず。実際に行ってみたらレポートします!

ということで、飛行機の大変さを差し引いても、非常に楽しい子連れハワイ旅行となりました。また、次回は他の島も組みあわせて長めに行きたいな。Mahalo!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 Madame Voyage JP

コメントを残す