子連れハワイ旅行事前準備!持ち物・飛行機・食事・ホテルのまとめ

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+

2017年12月に、1歳半の子供をつれて、初ハワイに行ってきます。この記事では、子連れハワイ旅行に必要な事前準備情報をまとめました。持ち物や飛行機のすごし方、食事、ホテルの選び方など、不安を解消できるような内容にしています。

子連れ初ハワイ♪旅の基本情報

12月下旬5泊7日。HISで航空券・ホテルセットのものを購入。
ユナイテッド航空利用(指定)。
ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ ホノルルに連泊。
行動範囲はワイキキ周辺。1日だけレンタカー。
全員初ハワイ。子供は初飛行機、初海外。
飛行機は、行きが夜便、帰りが昼便。
子供は保育園に行っており、たまに中耳炎になったり、体調管理が大変。

旅行の前に、必ずやっておくこと

そもそもこれをやっておかないと飛行機にすら乗れない、アメリカに入国できない、という基礎準備事項です。旅行申し込み時に情報が必要になると思いますので、詳しくは書きません。項目と、詳細が確認できるリンクを貼っておきます。

  • パスポート取得・更新
    子供の場合は初海外の場合、パスポートを取得する必要があります。大人も有効期限を確認して、必要に応じて更新しましょう。パスポートの発行については、外務省ホームページをご覧ください
  • ESTA取得
    アメリカに入国するには、ESTA(電子渡航認証)の取得が必要です。こちらのサイトから申し込みができます(日本語対応あり)。グループ申し込みもできますので、代表者が家族全員分記入、申請もできます。入力項目が多いので、1ヶ月前までには済ませるほうがいいと思います。
  • 海外旅行保険加入

子連れハワイ旅行事前準備で4大不安を解消!

子連れハワイ旅行:持ち物(1歳半くらいの子供用)

△はなくても最悪大丈夫かな、というもの。基本は何でも現地で買えるので、また、現地で買うのも楽しいので、ナーバスになりすぎず!で良いと思います。

  • 食事
    • おやつ
    • スタイ(プラスチックのものだと、その場で拭いてしまえるので便利)
    • ウェットティッシュ(ノンアルコール)
    • ペットボトル用ストロー
    • サトウのごはん、登山/非常用ごはん(お湯を入れるだけ)
    • △レトルト弁当(月齢による)
    • △カトラリー、麺類カッター
    • △麦茶の粉
  • 衣類
    • 着替え4セット(半袖・半ズボン・肌着)+温度調整用カーディガン
    • パジャマ2セット(薄めの長袖長ズボン)
    • 水着1着
    • 行き帰り用冬服1セット(長袖・長ズボン・ベストなどアウター)
    • スニーカー1足(サンダルは現地調達)
  •  排泄物処理
    • おむつ
    • おしりふき
    • おむつ替えシート
  • 健康管理
    • 薬(小児科で処方されて余った薬で、熱さまし、鼻水・たん切り、整腸剤などを持っていきました)
    • エチケット袋(オムツ入れたり、汚れたものを入れたり、と何かと使いそう)
    • 体温計(気軽に体調を測れるバロメーターが体温かなと思い)
    • 爪きりはさみ
    • △鼻水トッテ
  • お風呂、洗濯
    • 洗剤(嘔吐、うんち漏れ時のみ)
      洗濯はコインランドリーを利用し、洗剤は1回限りのものを自動販売機で買う。マリオットにはコインランドリーあり。
    • ハンドタオル
    • 泡だてスポンジ
      シャンプー、ボディーソープ類はホテルのものを使うか、現地スーパーで調達。
    • 歯ブラシ
  • おもちゃ(飛行機用)
    • シールブック
    • スマホにアプリや絵本をダウンロード
    • △うちは、ふわふわタオルがお気に入りで寝るときや落ち着きたいときに握っています。そんなアイテムがあれば持って行くと安心かもしれません。
  • その他
    • △ベビーカー(レンタルもあり)
      ※ユナイテッド航空は、ベビーカー預け無料(受託手荷物の制限個数とは別で)。子供をベビーカーに乗せたまま空港内を移動可(ただし、ゲートでベビーカーをチェックイン)。
    • 抱っこひも

子連れハワイ旅行:飛行機の過ごし方

耳への負担軽減

子供は耳抜きがうまくできないそうです。特に着陸時は、耳が痛くなりやすいらしく、小児科の先生いわくストローで徐々に水を飲ませるといいそうです。食べ物を与えても可、とのこと。

なお、肝心なときにのどが渇いていなかったりおなかがすいていないと、水も飲んでくれませんので、調整が必要そうです。

また、鼻がつまっていると耳も痛くなりやすいため、事前の体調管理も肝です。うちは出発の2週間ほど前に鼻水続き→中耳炎になってしまったので、どきどきしてました。中耳炎の場合は、搭乗により悪化して機嫌が悪くなるので、控えたほうがいいとのことでした。とはいえ、キャンセルは悲しすぎるのでなんとか抗生剤などで治しました。

シーティング・バシネット

2歳まで飛行機タダ!ラッキーと思っていましたが、タダ=席がないということ。10kg未満の子でしたら、バシネットを事前予約することで、スペースが確保できるようです。ただ、うちは1歳5ヶ月にして、12kg…バシネットも使えないし、ずっと抱っこは辛い…。空いていれば、ですが、当日空き席があれば移動させてもらうよう頼むつもりです。運任せです!

搭乗中の時間つぶし

じっとしていられず、飽きやすい子供…夜便の場合は、寝てくれることでしょう(と祈る)。でも昼便は…?想像しただけでぞっとします!

話を聞いて良さそうだなと思ったのが、シールブック。絵本のように物語を語ることもできますし、手先を使って遊ぶこともできる。よい時間つぶしになりそうです。スマホやタブレットに動画をいくつかダウンロードして持っていくのも◎。あとは、おやつを食べて誤魔化したり。あとは…できるときに機内散歩ですかね。

ここはパパママの手腕のみせどころですね(笑)

搭乗前の体力けずり(キッズスペース)

マイレージ・プラスでマイルを集めているため、今回もユナイテッド航空にしました。ぜんぜんいい思い出ないのですが(欠航・遅延の思い出あり)、2年に一度マイルに動きがあればずっとマイルが失効しないので、利用しています。

さて、搭乗前ですが、できる限り体力を削って登場中に眠ってもらうのが理想でしょう。各空港には、キッズスペースもあるようなので、早めに着いて、遊ばせたいところです。

  • 成田空港(NRT):第1ターミナル、第2ターミナル、第3ターミナルすべて、出国手続き前・後それぞれに、キッズパークがあるようです。詳しい場所は、オフィシャルサイトからご覧ください
  • 羽田空港(HND):第1・第2旅客ターミナル出発ロビーおよび出発ゲートラウンジにキッズコーナーがあるそうです。詳しい場所は、オフィシャルサイトからご覧ください
  • ホノルル空港(HNL):キッズスペースはないそうですが、屋外の中庭で遊ばせるのがお勧めです。JALサクララウンジのエリアには、会員以外でも使える授乳室・オムツ替えスペースがあるそうです。

実際に行ってみたら、改めてレポートします!

子連れハワイ旅行:食事

1歳半だと、まだ大人と同じ味付けのものを食べさせるのは憚られます。でも、全部持っていくわけには行かないし、ということで、大人のとりわけにチャレンジしてきます。また、現地スーパーで調達するのもありかなと。

  • オーガニック食材などにこだわっているスーパー@ホノルル
    • Whole Foods Market(サンフランシスコにいるときに愛用していました。コスメなどを探すのも楽しい♪)Google Maps
    • Down to Earth(ハワイ限定のオーガニックスーパーらしいです)Google Maps 日本食スーパーNijiyaも近くにあるみたいです。
  • アメリカグルメサイトのキッズフレンドリーなレストランランキング@ホノルル

子連れハワイ旅行:ホテルの選び方

HISでは、ホテルランクが下記のクラス分けになっています。今回は、外れがなさそうなデラックスクラスにしました。その中でマリオットを選んだのは、なんとなくです。前回軽井沢でのマリオット宿泊が良かったからかもしれません

  • ラグジュアリークラスホテル
  • デラックスクラスホテル
  • スーペリアクラスホテル
  • スタンダードクラスホテル

ですが、今思えば、子連れの場合はキッチン付きの部屋にすればよかったかなと。調理器具やお皿がそろっていれば、スーパーで食材を買ってきて味付けが薄い食事をあげられたかなと。その場合であれば、Airbnbで探しても良かったし、いろいろ別の選択肢もあったかもしれません。次回の検討事項として。

こちらも、宿泊後レポートします。

 

以上、私が子連れハワイ旅行の準備のために、下調べしたことをご紹介しました。もうすぐ、出発です!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 Madame Voyage JP

コメントを残す