30代におススメな、フランスの上品香水リスト

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+

さりげないけれど、上品でいい香り・・・そんなオシャレな女性に憧れたことはありませんか?現在勤めている外資系企業に転職してから、素敵な30代女性の先輩に囲まれ、香水についていろいろ教えてもらいました。やっぱり人気なのは、フランスの香水。香水をまとうのがもはやマナーのフランス。上品で大人っぽいけれど、さわやかさや甘さがあり、種類の豊富さにもときめきます。

私自身の好みもプラスされていますが、おススメの香水をリストアップしました!

大人上品なフランスの香水おすすめリスト【ブランド編】

フランスの香水ブランドは歴史もあり、天然香料をベースにした、ナチュラルで深みのあるところが魅力です。まとうだけで幸せ気分に!

diptyque(ディプティック)


日本でも青山に直営店があるほか、百貨店でも扱われているのをよく見ます。ジャスミン系を好きな私が愛用しているのが、OLENE(オレーヌ)。香調は、ウィステリア、スイセン、ジャスミン、ハニーサックル。

ANNICK GOUTAL(アニック グダール)


パリの百貨店ギャラリーラファイエットやボンマルシェでも売られているフランスでも人気の香水。渋谷のヒカリエなどでも売っているのを見かけました。愛用しているのは、フローラルな甘さの中にもさわやかさがあるUn matin d’orange(アン マタン ドラージュ)。香調は、マグノリア、サンバックジャスミン、シシリアンレモン、インドネシアンチャンパカフラワー、グリーンペリアリーブス、ジンジャー。

Fragonard(フラゴナール)


南フランスの老舗香水店。ニース出身の同僚がお土産でミニサイズを買ってきてくれました。もらった香りは、Frivole(フリボル)。フローラルでロマンチックな香りです。香調は、オレンジ、ベルガモット、レモン、ジャスミン、スズラン、パチョリ、ユリ。

他に、私は使ったことがありませんが、周りのオシャレな先輩の中で人気だったのが、Guerlain(ゲラン)HERMES(エルメス)の庭園シリーズ。特にゲランは瓶も素敵で、いい香りだったなー。いつか買いたいです。


また、写真に写っている他の香水は、GIVENCHY(ジバンシィ)のeaudemoiselle florale(オードモワゼル フローラル)、Chloe(クロエ)、フランスではなくイタリアですがSanta Maria Novella(サンタマリアノヴェッラ)のZagara(オレンジフラワー)です。サンタマリアノヴェッラもとても良かったので、他の香りを試したい。。

大人上品なフランスの香水おすすめリスト【プチプラ編】

フランスのMONOPRIX(モノプリ)や薬局でも気軽に買える、安めの香水ですが、全然安っぽさはありません!大量配布用お土産にも。

ROGER & GALLET(ロジェ・ガレ)


ソープやボディークリーム、オーデコロンなど日常で小さな幸せを感じられるシリーズを展開しています。フランスの薬局などで買え、お値段もお手頃。特に気に入ったのは、Gingembre(ジンジャー)シリーズ。スパイスとジンジャーの官能的でオリエンタルな香りが、なんとも贅沢な気分にさせてくれます。日本で買うと高めのようなので、フランスに行った際は大量に買いたいところです。

Réserve Naturelle(リザーブナチュレ)


お土産にもらったプチプラ香水(5€〜くらいだとか)。香りは、Ambre Fleur d’oranger。トップノートはシトラス、ミドルノートはオレンジブロッサム、ベースノートはアンバー、ウッディーノート、サンダルウッドと、落ち着く香りです。

日本のお店で買えない物もありますが、今はネットで検索すれば、買えない香水はなさそうです。春に向けて、香水を新調していい女度を上げてみてはいかがでしょうか?

※香りによっては子宮収縮を起こすそうなので(ジャスミンなど)、とくに初期の妊婦さんは香水の着用は要注意です!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016 Madame Voyage JP

コメントを残す