ギリシャに新婚旅行に行くなら、絶対したい5つのこと

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+

Bonjour ! エーゲ海の島にハネムーン、誰もが一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。何を隠そう、私も新婚旅行はギリシャでした。

青い空、碧い海、白壁の家、その中に佇む鮮やかなブーゲンビリア。雑誌FIGARO japonでエーゲ海の島特集を見て以来、ずっと新婚旅行にとっておいたのです。約10年間で4大陸23ヶ国を旅行してきた私ですが、おススメを聞かれると、必ずギリシャの島々と答えます。ただし、とってもロマンチックなので、カップルでの訪問をおススメしますよ♥
サントリーニ 青×白

それでは、「ギリシャに新婚旅行に行くなら、絶対したい5つのこと」ご紹介します!

1. サントリーニ島のラグジュアリーホテルに泊まる

イメロヴィグリ アストラスイーツ

新婚旅行と言えば、ラグジュアリーホテル!普段はなかなか手が出せないホテルにも挑戦できる機会です。是非泊まっていただきたいのは、Astra Suites。Trip Advisorで世界のベストホテル25にも選ばれている、まさにパラダイスです。

前述のFIGAROにも掲載されていたホテルですが、サントリーニの三日月型の特異な地形から、右手にイアの街、正面に火山が見られます。広い客室は、カラフルでリゾート感あふれる内装になっており、部屋によってはプライベートプール、ジャグジーがつきます。プライベートテラスで食べる朝食も絶品。

アストラスイーツAstra Suites CafeAstra Suites BreakfastAstra Suites Honeymoon

結婚式を挙げるカップルも多いようですので、気になる方はチェックしてみてください。

2. サントリーニ島名物イアの夕日を見る

Santorini

世界一美しいと言われているイアの夕日。刻々と移りゆく空の色と、徐々に濃くなる照明に息をのみます。これ以上美しい景色はありません!

イア展望台ほか、島の各地から夕日を拝むことができます。私は、島の端っこにあり、展望台からも近く、夕日に一番近い洞窟ホテルOia Mare Villasというホテルに宿泊しました。

Oia mare villasOia Mare Villas

3. ローカル船で島を巡る

ギリシャ 船旅

ギリシャは3000もの島で構成されています。輝くエーゲ海をゆっくりとたゆたうオープントップのローカル船で島を巡ってみてはいかがでしょうか。

ミコノス島からサントリーニ島まで、約9時間をかけて鈍行の船に乗ってみたのですが、途中途中で名も知れない小さな島に停泊します。移ろうエーゲ海の景色をぼんやり見ているだけでも、色彩の美しさにうっとりしてしまいます。

チケットは、船着き場の売り場で当日でも買うことができます。船酔いがひどい私でも、オープントップであれば大丈夫でした。ただし、前日の睡眠はしっかりとり、体調を整えて乗船しましょう。また、オフシーズンは、便数も減るようなので要注意です。

4. ミコノス島でバカンス気分を盛り上げる

ミコノス島

ミコノス島というと、若者がパーティーというイメージがありますが、それだけではありません。白い迷路のようなダウンタウンに一歩足を踏み入れれば、水の妖精の世界に迷い込んだよう。

MykonosTabernaミコノス島Hermes Mykonos Hotel

真っ白なギリシャコットンのドレスを買って、世界中の観光客が満足するおいしい海鮮料理に舌鼓を打ち、海沿いをそぞろ歩いたり、他の島とは違った大人の時間を楽しめます。広い島なので、バギーを借りて回りたい方は、国際免許必需品です。

5. 隣国のトルコに立ち寄る

なぜトルコ!?とお思いのことでしょう。おススメする理由は2つあります。

  • 一生使える思い出のお土産を買うなら、トルコの方がいいものがあるから。
  • トルコ航空が便利で安いから。

まず、お土産のお話です。
ギリシャ、トルコお土産
これが、私が新婚旅行で買ったお土産の写真です。このうち半分以上はトルコで購入しました。そして、3年経った今も飾りの要として活躍しています。色が美しく、丈夫で飽きが来ないので、「新婚旅行の思い出」を大切に使うことができます。

トルコ絨毯、キリムのクッションカバーは、世界中の高級家具店で扱われており、そこで買うより安めに買うことができます。残念ながら、ギリシャにはあまりいいお土産はありません(オーガニックコスメは良いです)。

アヤソフィア

航空会社についてですが、日本からギリシャへの直行便はありません。H●Sの方に聞いたところ、中東を経由するとサーチャージが安くなるそうで、西ヨーロッパ諸国を経由する航空会社より、トルコを経由したほうがおトクとのこと。それだけでなく、イスタンブールはヨーロッパとアジアの文化が交じり合う都市だけに、世界遺産もたくさんあり、エキゾチックで食べ物もおいしいです。隣り合う二つの国を訪れることで、より一層旅の楽しみも増えるでしょう。


メテオラ修道院や、マンマミーアのロケ地であるスコペロス島など、私自身もまだ行けていない人気観光地もありますが、ファースト・ギリシャでは、おススメです!

 

【旅程サンプル】

  1. 日本→トルコ・イスタンブール
  2. イスタンブール
  3. イスタンブール→アテネ
  4. アテネ→ミコノス島
  5. ミコノス島
  6. ミコノス島→サントリーニ島
  7. サントリーニ島
  8. サントリーニ島
  9. サントリーニ島→アテネ
  10. アテネ→イスタンブール→日本

 

【ギリシャ旅行時の豆知識】

  • 治安:外務省海外安全ホームページ
  • 気候:6〜9月は晴天が続き30℃を超える。12月〜3月は1年間で最も雨が多い季節。
  • ベストシーズン:5, 6, 9月
    余談:サントリーニ島で出会った、新婚旅行で訪れたサントリーニに10年ぶりに訪れたというアメリカ人のカップルの話。10月はオフシーズンですが、人が少なくて、ゆ〜ったりできるそうですよ!確かに、ベストシーズンは観光客もすごく、ホテルも高いです。
  • 通貨:Euro(ユーロ)
  • 予算:2人で50万〜
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015 Madame Voyage JP

コメントを残す